logo-bruno-paillard-champagne-accueil
icon-flag-united-kingdom

このウェブサイトの閲覧者は、居住国で定められた法定飲酒年齢に達していなければなりません。居住国に該当する法律が存在しない場合は、閲覧者は18歳以上でなければなりません。

節度のある飲酒をお願いいたします。

本ウェブサイトでは、ウェブデザインの最適化と継続的な改善のため、クッキーを使用しています。このままウェブサイトの閲覧を続けることにより、お客様はクッキーの使用に同意するものとします。 詳細は、こちらをクリック

Click here to get details

ヴィンテージ・シャンパーニュ

ミレジム2008アッサンブラージュ

アッサンブラージュ2008は、アーモンド、フレッシュな果実、スパイスが香る芳醇なアロマが美しく調和する見事なバランスを湛えています。

2008ヴィンテージ

冬は雨が多く穏やかな気候が続き、本格的な寒波に見舞われることはなく、春が到来すると局地的な霜に見舞われました。6月には再び冷涼な気候が戻り、この影響で開花が遅れました。生育期の大半は日差しが少なく涼しさを感じる時期が長引きましたが、春から秋にかけては、過去30年間の平均気温を若干上回りました。収穫は9月15日から始まり、日中は乾燥して暖かく夜間は冷涼な日が続き、3週間で収穫を終えました。葡萄は熟成がゆっくりと進み、美しい酸を蓄えました。2008年は、熟成感と生き生きとした快活さを兼ね備えたヴィンテージで、シャンパーニュにとって明らかな当たり年となりました。

ブレンド
シャルドネ42%、ピノ・ノワール42%、ピノ・ムニエ16% シャンパーニュ中心部で最高のテロワールを誇る10のクリュから採れた葡萄の一番搾り果汁をブレンド。

熟成
8年間シュールリー熟成させ、デゴルジュマン後に最低12カ月熟成。

ドサージュ
残糖量僅か5g/Lのエクストラ・ブリュット

ワインの特性
バン・ハイ・ジャ作の油絵。広大で柔らかなストラクチャーと柔らかく円やかな味わいを湛えたアッサンブラージュ2008。ワインが秘める力強い生命力をバン・ハイ・ジャが「エネルギー」をテーマに描き出しました。

生産者によるコメント

外観 光輝くイエローゴールドがワインの芳醇さを物語る。繊細な泡沫に生き生きとした泡立ち。

香り 力強い生命力に満ちた豊満で芳醇な香り。第一アロマはチェリーと小粒の赤い果実の香りが溶け合い、熟れた柑橘系果実の香りが全体を包み込む。

味わい 生き生きとしたアタックに芳醇な味わいが広がり、目を見張る程に快活なエネルギーが漲る。豊かなスパイスと熟れた果実の香りが、フレッシュなアーモンドと野苺の風味と溶け合う。

「クープ・ド・クール:極めて濃厚で厳格さと精密さを湛えたカテドラルのようなストラクチャー」

Bettane & Desseauve – Guide 2017年

Guide Gault&Millau 2017 : 16/20

Guide Bettane&Desseauve 2017 : 18/20

FOOD & CHAMPAGNE PAIRINGS

Langoustine Papillote
with Basil Joël Robuchon

Assemblage
2008

Serves 2

• 600g langoustines (approx. 6 pieces), tails only
• 1 bunch fresh basil
• 2.5 cl Olive oil
• 2 sheets filo pastry
• 2.5 cl Champagne, Première Cuvée
• 1 small white onion
• Table salt, and freshly ground pepper.
• 6 wooden toothpicks
• Oil for deep frying

Suggested fine food pairing: The 2008 Assemblage matches well with comte or very old mimolette. This complex and mature champagne goes well with shellfish too.

In 2000, acclaimed French chef, Joël Robuchon discovers the BRUNO PAILLARD Champagnes. Here is what tasting BRUNO PAILLARD inspires him: “This champagne, low in sugar content, well balanced, and with its subtle note of hazelnut, is the result of a demanding personality, an excellent connoisseur of terroir and of the best crus. I do believe that he and I have the same notions of hard work and perfection.” Thus, Joël Robuchon has worked for a decade on matching his dishes to the champagnes of BRUNO PAILLARD.
The fruitful exchange between the culinary and Champagne worlds, has led to the creation of the following recipes by Joël Robuchon exclusively for BRUNO PAILLARD Champagne.

1. Destem the basil and set aside 12 large leaves. Blanche the remaining basil by plunging it in salted boiling water for 3 minutes.
Drain, and place immediately in an ice bath. Drain again. Place in a mixer and purée. Set aside.

2. Peel and finely mince the small white onion. Allow it to soften, without browning, in a saucepan with 2.5 cl olive oil and a pinch of table salt. In a separate saucepan, boil 2.5 cl Champagne Brut. To the softened onion, add the basil purée. Thin out the purée by adding the hot Champagne.

3. Peel the langoustines, keeping only the tails. Pat dry with paper towel, and add salt and pepper. Wrap a basil leaf around each tail.

4. Cut the filo pastry sheets in quarters.
Wrap each lobster tail with the quarters of filo pastry, and pin the pastry to the lobster with a toothpick.

5. Carefully heat the deepfrying oil to 160°C (320°F). Plunge the remaining 6 basil leaves 30 seconds in the oil. Remove with a skimmer, and add salt. Then, plunge the lobster parcels 40 seconds in 180°C oil. Drain well.