logo-bruno-paillard-champagne-accueil
icon-flag-united-kingdom

このウェブサイトの閲覧者は、居住国で定められた法定飲酒年齢に達していなければなりません。居住国に該当する法律が存在しない場合は、閲覧者は18歳以上でなければなりません。

節度のある飲酒をお願いいたします。

本ウェブサイトでは、ウェブデザインの最適化と継続的な改善のため、クッキーを使用しています。このままウェブサイトの閲覧を続けることにより、お客様はクッキーの使用に同意するものとします。 詳細は、こちらをクリック

Click here to get details

メゾンのスタイル

性的なスタイル

メゾン·ブル·パイヤルは、他にないめて純粋なシャンパニュを作りたいという創設者のいの下に創設されました。

ブルパイヤルにとって大なシャンパニュとは、何よりもまず、多な畑、品、ヴィンテジのアッサンブラジュを意味します。これは、心をめて作られたシャンパニュだけがし出すことの出来る究のフィネスとエレガンスの神を追及しける不断の精神を意味します。

ブルパイヤルのスタイルは、エレガンスと複雑味のマリアジュであり、これは、やかで滑らかな泡立ち、素晴らしく純粋な味わい、フレッシュな爽快感、のように滑らかな感となって表れています。

泡沫はごく繊細でなくてはなりません。非常にかく微な泡立ちが、ワインのアロマを解き放ち、口内を滑らかでクリ感でたしてくれます。

めて自然な色調でなければなりません。ブランブランのグリ·ルド、プルミエキュヴェの金色、ロゼの桃色などのやかな色調です。年を重ねるにつれ深みをし、数十年つとほぼ琥珀色になります。

端な程にピュアなアロマを追及します。シャルドネは柑橘系果とアモンドのニュアンス、ピノノワルは赤い果、ピノムニエはエキゾチックな果の香り。一番りの果汁だけを用いることで、最もピュアなアロマが抽出されます。

して自己主しすぎることのないフレッシュな爽快感。酸が爽やかな味わいを引き立てますが、い酸味を感じることはありません。フレッシュな爽快感を引き立てるため、必要最低限のドサジュが施されます。

複雑味と重厚さを混同してはなりません。複雑味は、むしろエレガンスと深く結びつくものです。バランスと深みは、ワインにピュアな味わいを添えます。複雑味は、時間をかけることによってのみその姿を露わにし、ワインの熟成が進むにつれて表れてきます。

メゾンのスタイル

たゆまぬ努力

テロワルへの敬意

シャンパニュ地方独特の石灰のミネラルを引き出すことがメゾンにとっての最先事です。境に配した栽培でこの性を引き出すべく多大な努力が注がれます。

への敬意

ブル·パイヤルの品への拘りは、ワイン造りの全工程にえます。シンプルな基に基づいた品質憲章を定め、ワイン作りに携わる者全てがこれを守しています。

·最高品の葡萄を選別年このうち一部は、グラン·クリュを含め格下のへ格下げされます。

·一番りの果汁のみを使用:二番りは械的に除外。

·畑ごとに個別醸造:ブレンドするワインの定が密に出来るようタンク·樽で畑ごとに個別に仕みます。

・リザーブワインの添加:マルチ・ヴィンテージ は、リザーブワインを継ぎ足すことで一貫したスタイルを保ちます。ヴィンテージによって継ぎ足す量は25%~50%まで幅があります。

・法定熟成期間の2~4倍の時間をかけて熟成:NPUの熟成期間は15年に及び、これは単一畑の法定熟成期間のおよそ5倍に当たります。

·ピュアな味わいをなわないよう、ドサジュの量はエクストラ·ブリュット(ごくか)の定量を常に守っています。

・デゴルジュマン後セラーでワインを休ませます。この期間は、ヴィンテージにより大体5~18か月に及びます。

アペラシオンへの敬意

「作り手は、シャンパニュの原地呼称を利用するのではなく、奉仕すべきである。」

シャンパニュ地方をこよなくするブルノは、この言に忠いシャンパニュ地方の伝統を守ると共に、アペラシオン形成に重要な役割を担っています。

2001年にC.I.V.C(シャンパーニュ地方ワイン生産同業委員会)傘下の「原産地保護委員会」委員長に選出されたブルーノは、シャンパーニュのアペラシオン保護に尽力しています。1989年からシャンパーニュ・メゾン組合の役員にも選出されています。

ブルーノはまた「シャンパーニュ2030プロジェクト」の品質向上委員も務めています。

消費者への敬意 デ

ゴルジュマンの日付

1983年、ブルーノ・パイヤールは、シャンパーニュの生産者として初めて、高級キュヴェを含む全てのボトルにデゴルジュマンの日付を明記しました。

これにより、シャンパーニュの寿命についての重要な情報を消費者に提供しています。デゴルジュマンとは、ワインにとって第2の誕生のようなもので、デゴルジュマンを施した後、シャンパーニュはセラーへ戻され5~18ヶ月間休ませた後、出荷されます。

この日から、シャンパニュ特有の瓶内二次酵が始まります。フルティな果の香りから、花の香り、スパイスの香りへとアロマが化していく程は、み手にとって大いに味をそそるものです。

この案は、専門家から絶賛され、徐々に他のシャンパニュ·ブランドにもがっています。

メゾンのスタイル

シャンパニュに恋した男の物

ブルパイヤルは、1953年ランスに生します。彼の家系は、1704年から、ブジィとヴェルズネイの2つのグラン·クリュを点に葡萄の仲と栽培を代々んできました。ブルノは、1975年に家ぎネゴシアンとしてき始め、シャンパニュについて深く幅い知得していきます。

しかし、その6年後、純粋さとエレガンスにおいて既存の全てのシャンパニュを凌する新しいシャンパニュを作りたいという抑えがたい欲求に突きかされます。

当時ブルーノは27才で、畑はおろか資金さえありませんでした。1981年1月、コレクターズ・アイテムの古いジャガーを売り払って資金を作り、ただ強い志だけを胸に自らの会社を立ち上げました。

1世紀近く新しいメゾンが設立されたことのなかった保守的な産地において、彼の決断はおよそ狂気じみていたことでしょう。 しかしこの革命児の夢を叶えようとする決意は揺るぎないものでした。

ブル·パイヤルはセラを借り上げ、自の栽培家が育てる葡萄を丹念に定し、自らのシャンパニュを造り始めました。

1984年、ブルーノは、全ての設備を地上1階部分に配置するセラーを考案します。この最新設備により、温度、照明、湿度の厳格な管理が可能となりました。

個性的なブルーノのワインは、すぐに人々を虜にしました。 ブルーノ・パイヤールのシャンパーニュを産地で最良のワインの1つとして初めて評価したのは、イギリスのメディアでした。1988年、有名なワイン評論家ヒュー・ジョンソンが次のようなコメントしています。「卓越した絹のようなヴィンテージ・シャンパーニュとノン・ヴィンテージ・シャンパーニュを造る、小さいけれど一級の若きシャンパーニュ・メゾン。」

1990年、ブルーノ・パイヤールは建築家ジャック・ブレオーの協力を得て、現在のワイナリーを設計しました。ステンレス、ガラス、木材を組み合わせ最新技術を駆使して造られたこの建造物は、シャンパーニュを入れる3種の高貴な器を象徴しています。 この革新的な新築セラーは、正に伝統的なノウハウと最新の品質技術の融合と言えるでしょう。

1994年、ブルーノ・パイヤールは、コート・デ・ブランのオジェに初の自社畑でとなる3ヘクタールのグラン・クリュを購入します。

この時から、理想的な葡萄畑を造園するべくブルーノは粘り強く努力を続け、今や自社畑は12ヘクタールのグラン・クリュを含め、32ヘクタールにまで拡大し、メゾンが必要とする葡萄の収量の半分以上を賄っています。残りの葡萄は、今も尚、昔馴染みの自営栽培農家から購入を続け、30以上の村から葡萄を仕入れています。

2007年1月、娘のアリスがメゾンに加わり、パイヤール家の冒険を引き継ぐ決心をしてくれました。1年目から葡萄栽培からセラーの醸造に至るまでの仕事を経験し、翌年から4年間に渡り輸出先の開拓を手掛け、今や共同経営者として父と共にメゾンの経営を担っています。

ブルーノ・パイヤールは、今も尚、独立したメゾンとして独自のスタイルを守り、年間生産量は40~50万本に及びます。そのうち75%は欧州、アジア、北米を中心とする30カ国に輸出されています。

ブル·パイヤルのシャンパニュは、国をわず、レストランや高ワイン専門店でのみ販売されています。路を限定することでソムリエや良なワイン商社による入念な品管理を可能とし、客への品げています。

詳細